草稿

クララが立った!
↑5:21

パネルが立った!
パネルが立った!4枚
麻紙を張ったパネルが支え無しで自立しております

バランスがおかしかったり、歪んでたりすると
フラ~っと倒れてしまうので、今回は良い出来でした


今回は草稿について

皆さん絵を描く時、描いちゃあ消し描いちゃあ消しで
紙がヨレヨレになって、消えない線がたくさん出来てしまった経験は無いでしょうか?
草稿 001こんな感じに

草稿とはそれを防ぐためのものです

日本画の麻紙は繊細なのでハードな事をするとすぐに傷んでしまうのです

草稿紙というものが大学にはありましたが、何でも良いです
コピー用紙みたいなのでも、クラフト紙でも
今回僕は、以前ワードローブを組み立てた時にパーツが包んであった紙を利用しました(以下草稿紙)

草稿 002
草稿紙をパネルに仮にセロテープで留め、5Bぐらいの鉛筆で描いていきます

草稿紙なので、いくらヨレヨレになろうが気にせず描きましょう

草稿の良いところは、麻紙を傷めない事と、構図を自由に変えられるこ事です

例↓
草稿 003少年が左側におります

もうちょっと中央にしたいとき
草稿紙じゃなっかったら、消しゴムで消して、また書き直しですが
これだと、仮止めのセロテープを剥がして草稿紙を動かせば良いだけです

草稿 004真ん中

構図が大体決まれば、水彩絵具で軽く色を付けます
線描きだけだと分からない、モチーフの大きさを把握することができます

それが出来れば、草稿紙を剥がして、昨日紹介したように麻紙を水張りして

麻紙と草稿紙の間にチャコペーパー的なものを挟んで、草稿紙に描いた輪郭線をなぞれば
麻紙にクリアなラインが写せるということ
です

スーパーチャコペーパーという大きいサイズのものがありますが

結構高いので、僕は模造紙に水干絵具をすり込んだものを使います

このあと、写った線を墨で描き起こす「骨描き」がありますが、

そのことはまたあした


最近拍手の数がPCに反映されるのが遅いなぁ、ケータイだとすぐなのに
なんでだろ

記事を書いてる途中で頻繁にエラーになって半分くらい消えるし

なんかおかしいよ
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://arakawato.blog68.fc2.com/tb.php/101-0f29ed5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)